酵素食品のレシピ

生で食べられる食材

レモン

特徴

レモン

レモンは、ビタミンCの宝庫といわれており100gにつき100mgものビタミンCを含有しています。ただし、その半分は皮に含まれており中々摂取しにくいと感じるでしょう。風邪の予防効果や美容効果などがある果物として注目されています。

 

効果・効能

レモン特有の酸味は「クエン酸」と呼ばれるもので、体内の疲労物質である乳酸を分解する効果があり、代謝をスムーズにして疲労回復効果があります。スポーツ後などに「ハチミツレモン」などが推奨されますが、これは、激しい運動により失われたエネルギーをハチミツに含まれている糖質により補給し、レモンを皮ごと食べる事でクエン酸を摂取し、疲れを残さない効果があるとされるからです。
このほか、クエン酸にはクレート作用というはたらきにより肌の美白効果、抗酸化、骨粗鬆症の予防などの効果を生み出します。また、レモンにわずかにある苦味はヘスペリジンというフラボノイドの一種で、心筋梗塞脳梗塞の予防などに効果を発揮します。
また、レモン特有の香りには脳をリラックスさせる効果があるとされています。

 

レモンの効用

疲労回復、風邪予防、ガン予防、美容・美肌効果、骨粗鬆症予防、脳卒中・心筋梗塞予防

 

レモンを使った酵素レシピ

  • 大根とにんじんとオレンジとレモンのスムージー