酵素食品のレシピ

生で食べられる食材

りんご

特徴

apple

りんごは一日一個で医者要らずといわれるほど栄養価の高い果物です。りんごには便秘の解消効果、二日酔いの防止改善、高血圧予防など様々な効能があり、日本でも大変メジャーな果物。

 

効果・効能

りんごには、酸味と甘みのもとである「クエン酸(酸味)」や「リンゴ酸(甘み)」が含有されており、食欲の増進や疲労物質を分解して疲労回復をはかる効果や、咳止め、精神安定、二日酔いの防止改善と様々な効能があります。 そのほか、りんごの皮部分には水溶性食物繊維の「ペクチン」という物質が含まれています。りんごのペクチンは、腸内の善玉菌を増やす働きや便通を整える効果があります。 このほか、りんごには、高血圧予防に欠かせないカリウムや骨を丈夫にするマンガンなどのミネラル分。赤い皮の部分には目の健康に役立つアントシアニン、果肉にはケルセチン・カテキンといった有効成分が多く含まれています。 これらポリフェノール類の働きにより抗酸化作用によるガン予防、老化防止、糖尿病予防など様々な効能をりんごに期待することができます。

 

りんごの効用

風邪予防、美容・美肌効果、血栓予防効果、ガン予防効果

 

りんごを使った酵素レシピ

  •   クレソンとヨーグルトとリンゴのスムージー
  • りんごとブロッコリーとレモンの生ジュース