酵素の基礎知識

酵素の種類と特徴

さて、体外から摂ることで補給できることがわかりましたが、体内・体外の酵素について役割とともに解説していきたいと思います。

酵素には、人の体の中にある酵素のことを「潜在酵素」といい、外部から食事によって取り入れる酵素のことを「食物酵素」といいます。前者の潜在酵素の働きは、「消化」と「代謝」に分けられます。それぞれ「消化酵素」「代謝酵素」と呼ばれています。

酵素図

潜在酵素

潜在酵素は、私たちの体 の中にもともと存在するもので、「消化酵素」「代謝酵素」からできています。潜在酵素は、体内で一日に生産できる量は限りがあります。さらに年齢や不規則な生活習慣だと、無駄に消化酵素が使われてしまい、代謝酵素が減ってしまいます。代謝が落ちると、あらゆる病気につながってしまいます。 そのため、食べ物で補う必要があります。

消化酵素とは

消化器官内で分泌され、食べ物の消化を助け、栄養の吸収の手助けをします。

代謝酵素とは

消化後、吸収された栄養をエネルギーに変えます。免疫を上げ、病気を治し、神経やホルモンバランスの調整、代謝促進などの効果があります。毒素を排出し、新しい細胞に生まれ変わらせます。

食物酵素とは

食べ物に含まれている酵素を食物酵素といいます。生の食物(フルーツ、生野菜、生の肉・魚など)に存在します。食物酵素を外から取り入れることによって、酵素の働きを増やし、潜在酵素を節約することができます。ただし、食物酵素は、48℃以上加熱すると死滅してしまいます。

酵素食品の効果・メリット