酵素の基礎知識

免疫力アップ

免疫とは

寝ても、何となく疲れがとれない、風邪を引くとなかなか治らない。そうした不調をもたらすのは免疫力の低下です。最近の研究では、免疫機能の8割は小腸の粘膜である腸管に存在することが明らかになっています。つまり、腸が元気になれば、免疫機能が向上します。その鍵となるのが酵素なのです。

本来、私たち人間の体には、免疫、いわゆる「自然治癒力」が備わっています。この自然治癒力の働きが、ウイルスや細菌など、外から受けるダメージが体に及ぼす悪影響を防止してくれています。なので、風邪などのある程度の病気、ケガ、疲労などであれば、体を休めているうちに自然に回復するようになっています。 しかし、酵素が不足してしまうと、この自然治癒力の働きは衰えてしまいます。自然治癒力の働きが衰えると、病気がちになったり、軽い病気でもなかなか治らず、重病になってしまうこともあります。

酵素で免疫力アップ

酵素の働きで消化・吸収がスムーズになり、腸内環境が改善し、代謝が上がり、免疫力が向上します。菌やウイルスへの抵抗性もアップし、風邪や病気にかかりにくくなります。

日頃から積極的に酵素をとる習慣を付けましょう。